コーヒーを趣味にする

普段、喫茶店や自動販売機を使って私たちが何気なく口にしているコーヒーですが、そのコーヒーを自分で淹れることを趣味としている人が急増しており、「コーヒーコーディネーター」という資格試験も存在しています。

コーヒーを趣味にすることは、若者から、社会人、または老後にカフェを営みたいと考えている年配の方にまで、幅広い年齢層から人気を得ています。

趣味としてコーヒーに対する知識や、豆の焙煎方法、美味しいコーヒーの淹れ方などを学ぶことによって、自分がそれを美味しく飲めるのは勿論、他人に振る舞うことも出来ます。

コーヒーを淹れるのに必要な道具

コーヒードリッパー

コーヒーを淹れる際、コーヒードリッパーの温度でコーヒーの味は変わるものなので、適温になり易い、陶器のコーヒードリッパーを用意することをオススメします。

コーヒードリッパーには1つ穴と3つ穴タイプがありますが、1つ穴はお湯が落ちる速度が一定でコーヒーの味に安定を持たせますが、3つ穴はお湯の落ち方を自分で調節して味を変えることが出来るといった異なる効果を持っています。

初心者の方の場合、まずはコーヒーの味を自分で調節する前に豆本来の味を楽しんでみるのも大切なので、1つ穴ドリッパーの方をオススメします。

コーヒーフィルター

フィルターの質によって味が変わることはそう無いので、ドリッパーとサイズさえ合えば、お手頃な物で大丈夫です。

ドリップポット

コーヒーを淹れる時に使用するポットは、先が細口になっている物を選びましょう。

お湯を上から注ぐ時がコーヒーを淹れる過程の中で、一番味を左右するので、ドリップポットは少し良い物を用意してもいいかもしれません。

コーヒーミル

コーヒー豆を挽く時には、ミルが必要になります。

コーヒーミルはあまりにも安い物だと、しっかりと豆が挽けない他、すぐに壊れてしまうことがあるので、注意が必要です。

コーヒーミルを買おうか迷っている段階なら、コーヒー屋さんで豆を買う時に、その場で挽いて貰うことも出来るので、最初の頃は無理にミルまで用意しなくても問題ありません。

コーヒーの淹れ方はどうやって勉強する?

講習会に参加する

コーヒーの淹れ方を学びたいと思っている人を集めた講習会などに参加することによって、実演で教わることが出来る他、同じ趣味を持つ人との交流の場にもなります。

場所によっては無料で行っている所もあるので、ネットで近場の講習会を探してみるのも良いと思います。

動画で勉強する

「美味しいコーヒーの淹れかた」や「ハンドドリップの仕方」など、ネットにはコーヒーに関する動画がたくさん投稿されています。

動画の場合、ハンドドリップしている時の手の動きなどを見ることが出来る為、真似し易いのに加え、何回も見ることが出来る為、練習のお供に動画を使うのは効果的です。

資格講座を受ける

カフェを経営したい、コーヒーについてもっと勉強したい、と思っている人の為の資格講座を受けることによって、コーヒーについて深く学ぶことが出来ます。

自身で勉強して、コーヒーの淹れ方を学ぶついでに、資格まで取得出来れば、一石二鳥なので、コーヒーを趣味として長く続けてみたいと思う人にはオススメの勉強法です。